スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やませと東北地方における日射量

南北に長く、山が多い日本において、地域による気象特性の違いは大きく、日射条件も例外ではありません。太陽光発電を考えるときに、地域毎の気象特性を理解しておくことはとても重要です。ここでは東北地方の太平洋側の気象特性についてご紹介します。

下図は仙台の日射量の月毎の変化を過去4年分(2006年~2009年)示したグラフです。通常、夏に日射量が大きく、冬に小さくなる傾向がありますが、仙台の7月は夏にもかかわらずかなり日射量が小さくなっていることがわかります。

column8.jpg


東北地方の太平洋側や北海道東部の夏には、オホーツク海の方から冷たくて湿った風が吹き込みます。この風のことを「やませ」といい、雲や霧を発生させたり、夏にも関わらず気温が低下し、冷害の原因になったりします。農業や漁業にも影響を与えるようです。

さらに7月前半は梅雨もありますので、この影響も合わさって日射量が大きく下がります。

仙台平野も大きくやませの影響を受けますので、これが主な原因となり、上のグラフのように7月の日射量が低くなります。

やませは奥羽山脈を越えた後は日本海側で乾燥した風として、吹き下ろすので、同じ東北地方でも、秋田など日本海側は、気温が高く、日射量も大きくなります(フェーン現象と呼ばれます)。
スポンサーサイト

テーマ : 環境ビジネス(エコ×ビジネス)
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。